制振ダンパーの話

こんにちは、今日も雨ですね。
毎日雨ばっかりで、通勤のバイクで使う雨合羽も乾く暇がないです。

さて、まじめな話で、皆さん、耐震と制振って言葉ですが、住宅を探している方なら
一度は聞かれたことがあると思います。
今回は、その辺の話を少ししたいと思います。
最近特に購入される住宅の耐震等級は幾らになっていますか?
大きな地震にも大丈夫ですか?
そのようなご質問をよく投げかけられます。
思い返してみると私が体験した最初の大きな地震は、阪神淡路大震災でした。
当時は、そろそろ起きて仕事に行く準備をして、でも布団の外は寒くて、なんて考えならウダウダしていたところ、
いきなり凄い揺れ感じて飛び起きた記憶があります。木造2階建ての住宅の2階で寝ていましたが、本当に冗談抜きで、
怖かったです。死ぬかとおもいました。
それから、大きな地震が数度おき、今、南海トラフの影響による大地震の発生が心配されています。中央構造線もやばそうだし。
住宅を施工して販売にかかわる仕事をしていると地震に対する対策をしっかり考えてお客様の不安点を解消できる商品を
提案し施工して日々進化していきたいと思っている今日この頃です。
話が長くなりましたが本題に移ります。

先ずは、耐震について
耐震性能を等級別に表示できます。
耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。
では、耐震等級のそれぞれの等級の違いについて見てみます。
まずは、一般的に耐震等級の目安とされている基準については以下となります。
耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物
耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
建築基準法に制定されている建物とは、「想定される地震」と「被害」を次のように見ています。
数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。
数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。
耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められた
簡易な検討方法で検討すれば良いことになっていますが、
一方で、耐震等級2や3の場合は、例え2階建てでも「構造計算」若しくは、
簡易な検討以上の検討が必要になります。
ですから、耐震等級2以上にすることは、より計画の信頼度が上がると考えて
良いと言う事になります。

次は、制振について
建物内にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収。建物に粘りをもたせて振動を抑える。

免振について
建物と地面の間に免震装置を設置。建物を地面から絶縁して、振動を伝えない。

弊社の注文住宅では、標準仕様で、耐震等級3相当プラス制振ダンパー(MER-SYSTEM)を装備しています。
標準仕様の2×4工法は、もともと、耐震制・耐火制・機密制に優れておりますが、それに上記の等級3と制振ダンパーを
組み合わせる事により揺れに強く、そしてその揺れのエネルギーを吸収し素早く揺れを止める建物となります。

弊社が採用している制振ダンパー
制振ダンパー01
制振ダンパー02















スポンサーサイト

10月の畑②  収穫

収穫の秋です(*´∀`人 ♪




ということで採れたてのさつまいも

001_20171018143556374.jpg





会長が成長を見守っていたサトイモも見事な大きさに

003_20171018143558416.jpg




004_201710181435597d5.jpg






そして新たな作物の収穫のために作業は続くのです(*´v`)

006_20171018143601139.jpg









池田市の広報に弊社分譲住宅が掲載されます。

おはようございます。
このところ、ずいぶん涼しくなってきて過し易く夜も快適でぐっすり寝れます私です。
毎日8時間は、寝ている感じです。もっと寝たい。。

さて、11月1日に池田市の広報に弊社分譲住宅(建築条件付き宅地)が掲載されます。
とても閑静な住宅地で、全区画南向き、48坪以上と贅沢な区画になっています。
弊社施工のモデルハウスもございます。宅地見学→モデルハウス見学→ローン相談と丁寧にご案内させて頂きます。
宜しくお願いします。。
池田市広報原稿

10月の畑

すっかり秋らしくなり町中カボチャだらけ。ハロウィンの月ですねヽ(´∀`)ノ




畑も秋仕様に様変わりしています。

002_2017101010542835d.jpg





サトイモです。土の中はどうなっているのでしょう。

003_201710101054304fc.jpg





サツマイモ。芋ほり楽しみです(´ω`人)

004_201710101054324cd.jpg





鍋のお供。ネギ

005_20171010105433ac3.jpg





そしておでんが楽しみな大根。いい感じです。

006_20171010105434266.jpg





今年は青虫対策も万全な白菜

007_20171010105436fce.jpg





おまけの花壇。もう少ししたら春にむけて植え替えです。

001_20171010105427f80.jpg



それではまた来月♪(o・ω・)ノ))






地鎮祭について

注文住宅で、今回お家を建てられるS様邸の地鎮祭風景です。

今後お家を建てられる時の簡単な流れを書いておきます。
参考になればと思います。。。

地鎮祭の流れ
修祓(しゅばつ)
祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
  ↓
降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。
 ↓
献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
  ↓
祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
  ↓
四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。
  ↓
地鎮(じちん)
鍬入(くわいれ)
  ↓
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
  ↓
撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
  ↓
昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。


神主さんが、鎮めものを前に祈祷されておりますが、基礎施工時に、この時の鎮めものを一緒に基礎の中にいれ、
コンクリートを流し込みます。

IMG_2898.jpg

IMG_2901.jpg
プロフィール

ヴェルテューサ

Author:ヴェルテューサ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR